不正が続く日本の車業界を切る!

信頼の日本のブランドに翳りが出てきている

日本企業は世界的に見ても信用力が高い、かつてはそう言われていました。
勿論今現在でも信用力が高い企業は多々あります。
一方でひと昔は日本の大企業というだけで、言わば信用力にブランドがありましたが、近年は各分野で色々な不正が続出しています。

日本製の機械は高品質で絶対の安心がある、かつてはそう評価された時代もありましたが、この頃は欧米諸国での信頼を大きく失いつつあるのです。
その原因は色々とありますが、自動車業界の相次ぐ偽装問題が関連しています。

自動車産業はまさに日本の国を代表する一大産業です。
元々資源に乏しい地域であり、農作物の輸出や地下資源の輸出で利益を出す事は困難でした。

日本人の持つ勤勉さと器用さ、そしてお家芸である精密な技術力を組み合わせて高品質で環境に優しいマイカーを製造する事が、日本の得意分野です。
国内だけでも世界的なメーカーが存在しており、小さな島国であるにも関わらず、売り上げは欧米企業のそれに匹敵したり、完全に凌駕している程です。

シェアは圧倒的であり、日本製のエコカーを好む欧米のセレブや有名人の方々もいらっしゃいます。

過酷な製品開発によるコンプライアンスの低下

不正が続くようになった原因ですが、まず最初に指摘されるのは過酷な製品開発によるコンプライアンスの低下です。
法令遵守の精神は大企業なら当然持っておくべき基本的なポリシーです。

しかし、電気自動車やAI技術や自動運転など、ここ最近でマイカーを取り巻く環境は劇的に変わりつつあります。
今までのペースで技術開発をしていてはライバルに後れを取る、そのような焦りが車産業全体にまん延しています。

実際に今までは言わば顔見知りである国内の車メーカー同士で、売り上げの競争をしたりイノベーションの速度を競い合う市場でした。
ところが近年ではアジア諸国や欧米諸国において、後発の車メーカーが続々と誕生しつつあります。

更にガソリン車であれば、蓄積した技術が活用出来ますし、ハード面の開発には職人芸が必要なので日本人の独壇場です。

検査や品質管理が大幅に甘くなった背景

一方で今後メジャーになるAI技術やEV技術を活用したマイカーは、ある意味で車輪がついたコンピューターのような製品となります。
日本の会社が実は苦手としている、ソフトウェア開発やAI技術が物を言う環境下になっており、現状でも既に他のメーカーに大きくリードされているのです。

国内外の大小様々な会社と熾烈な技術開発の競争をしなければいけない、そういった過酷な状況下に置かれた結果、故意というよりも検査や品質管理が大幅に甘くなり、結果的にマシンスペックが公式発表と実際の数値に開きが生まれる、実質的に大きなスペック偽装が起きたという事例が頻発しています。

現場は疲弊しており、上からの指示を厳守したいと思っていても検査員が不足していたり、安心して勤務出来る労働環境がない場合、現場のスタッフはいい加減なチェックをしたり、ある意味でサボタージュ的な仕事をします。

経営者のマインドにも不正を生む原因があるでしょう。
現場のスタッフのモラルだけに責任転嫁をする日本企業が昨今続出しており、こういった姿勢もまた欧米諸国から愛想をつかされる要因になっています。

車業界の視点が完全にミクロ寄りになっている

トップが必要な開発費や人件費を捻出せず、それでいていざ不正が起きたら、自分は保身に走り「トカゲのしっぽ切り」をする姿勢に、国民はもはや飽き飽きしているのです。

今現在の車産業の経営陣は、自己保身の意識が強すぎます。
自分の代だけ安定していれば良い、というエゴが強く、それでいて株主や世間の人々に有能な人物だと見せかけるため、コストカットだけは実践するという歪な経営をしています。

視点が完全にミクロ寄りになっており、家計簿の数字を良くするために必要な食費や医療費を削減して体を壊す、そのような滑稽な経営方針をここ最近、例外なく日本の車メーカーが選んでいるのが残念でなりません。