カジノ

IR法案で最注目!カジノスクールってどんなところ?

カジノディラーに必要な技能と知識を習得できる

カジノスクールでは、カジノディラーに必要な技能と知識をトータル的に習得するスクールです。
三大ゲームであるルーレットやブラックジャック、ミニバカラのディーリング技能だけではなく、海外で活躍することができるためのカジノ英会話も学ぶことができます。

カジノ英会話は、日常的な英会話ではなく、ディーラーとして必要な英会話を学ぶことが可能で、留学やTOEICで高得点を取得することを目的にしている方にも対応しています。

また、カジノの歴史や専門知識を学ぶカジノ文化や接客スキルを身につけるためのカリキュラムも用意されています。
カジノスクールの講師は、海外や豪華客船での勤務経験がある人でスクールによってはポーカーについても学ぶことができます。

カジノの本場であるラスベガスの老舗スクールと提携しているスクールでは、海外研修のプログラムも用意されていたり、卒業後は海外のカジノや国内外のカジノ関連会社で活躍することが期待できるでしょう。

ディーラー資格認定試験が実施されている

日本でのカジノ解禁に備えて、カジノディーラーを厳格な審査によって認定するためにディーラー資格認定試験が実施されています。
自由に学習スタイルを選択することができる点が大きな特徴で、受講期間の希望に応じて多彩なカリキュラムが用意されています。

ですから、一人ひとりの目標やライフスタイルに合わせて無理なく実技と知識を習得することができるでしょう。
カジノでの管理職を目指す方には、ディーリング技術だけではなくゲーミング部門において必要な知識も学ぶことができます。

スクールの授業は、5人から8人程度のグループ形式で行われますが、生徒2人から3人に対して講師が一人ついていますので、手厚い指導を受けることが可能です。

苦手な部分がある場合は、必要に応じてマンツーマンでの指導も行っています。

卒業後は国内外で豊富な進路が用意されている

卒業後の進路としては、国内外でしっかりと働くことができるように豊富な進路が用意されています。
具体的には、シンガポールやベトナム、フィリピン、カナダ、ニュージーランドなどのカジノで働く事が期待できます。

これらの海外のカジノによっては、日本で面接することができますので日本語で日本人が対応します。
全国で展開しているスクールでは、希望の勤務地で社員としてカジノに携わることができるでしょう。

カジノディーラーは海外で人気のある職業なため、各国には専門学校を含めて4年制の大学にカジノ専攻やエンターテイメント管理学などカジノの現場に必要な専門技術と知識を学べる学校があります。

オンラインカジノで稼ぐ!初心者のための安心スタートガイド」も参考

ラスベガスでは、ダウンタウンなどのカジノでの実務経験を経て、高級ホテルのディーラーにキャリアアップしていくことが一般的になっています。
面接では一般的な就職の面接だけではなく実技の審査がある場合もあり、ワーキングホリデーなどで日本人が海外で働くことができる国もあります。

どこで働きたいのかを考えて目的に合ったカリキュラムを選択する

このように、スクールで用意されているカリキュラムは、世界共通の基準技術を取得することができるため、海外のカジノでの注意点などゲーム内容以外の細かいところまで学ぶことができます。

海外で働くためには、最低限の語学力も必要ですから、まずはどこで働きたいのかを考えて目的に合ったカリキュラムを選択することが大切です。

日本人が働くことができるカジノは限られているのが現状ですから、日本人でもカジノで働くことができるシンガポールやオーストラリア、ニュージーランド、フィリピンなどの国についても調べておくとよいでしょう。

海外研修が用意されているコースでは、VIPルームでの対応力やテーブルバランスの管理能力、マネージャークラスになるための総合的な知識など幅広い知識を学ぶことができます。